« 2007.6.7 ラサ ノルブリンカ(第44日) | トップページ | 2007.6.8 ポタラ宮(第45日) »

2007.6.8 大昭寺 ジョカン寺(第45日その2)

 ポタラ宮見学が午後に時間指定されていたので、午前中にジョカン寺(大昭寺)を見学することにした。チベット各地から巡礼者が訪れる聖なる寺だけあり、寺院の前では五体投地(ごたいとうち)で祈りを捧げる人々でいっぱいだった。五体投地とは両手、両膝、額の5体を伏す仏教で最も丁寧な礼拝の仕方。

Jokhang01 Jokhang02 Jokhang04  中も人でごった返し、身動きがとれないほどだった。たまたま礼拝の時間に当たってしまったのかだろうか。中は暗いが、高窓から光が射す。ヨーロッパなどのゴシック教会でも同じだが、宗教建築には上からの光が空間演出に欠かせない。梁の小口に妖怪のような彫刻がずらっと並んでこの怪しさがなんとも言えない。

Jokhang14 Jokhang12 Jokhang18 Jokhang16  屋上に上がると、内部空間とは打って変わって圧倒的な開放感。上にも下にも空間が広がり、気持ち良い。この下階屋上との一体感は何だろう。そうか、手すりが無いからだ。法律上、安全上、現代建築では実現できないが、手すりが無いことにより上下空間のつながりがこれだけ強まるのかと初めて知った。更に屋上をうろうろ探検してみる。迷路のようでわくわくする。色々な部屋とつながっているようで、時々お坊さんたちにも出会う。外壁の意匠や材料、パラペットや排水の納まりも面白い。チベット民族の建築的才能には、やっぱり敵わない。

バス                            4

昼食                           11

ポタラ宮入場料            100×2=200

ジョカン寺拝観料            70×2=140

茶                            18

帽子                           30

買物                           34

夕食                           55

宿泊                          280

計                        772RMB(=11580円)

« 2007.6.7 ラサ ノルブリンカ(第44日) | トップページ | 2007.6.8 ポタラ宮(第45日) »

中国」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。