« 2008年8月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年11月

パーク・ハイアット上海(上海出張)

 建築家K氏に伴って、またまた上海にやってきた。

 今回は前回泊まったグランド・ハイアットの隣にできたばかりのパーク・ハイアットに宿泊した。次の日が正式オープンのようだった。隣り合わせに建つ中国1位と2位の高さを誇る超高層ビルの中に同じハイアットブランドの2つのホテルがある。不思議な感覚だが、ちょっとつまらない。全く違うホテルがお互いにサービス競争する方が面白かった気がする。

 ただ、2つのサブブランドのコンセプトの違いを体感することができた。一言で言うとグランド・ハイアットが大規模でゴージャス、パーク・ハイアットが小規模でおしゃれといったところ。ハイアットグループではグランド・ハイアットは300室以上、パーク・ハイアットは300室未満と決めている。グランド・ハイアットが「どうだー!」という分かり易い豪華さを誇るのに対して、パーク・ハイアットは上層階級のための落ち着いた雰囲気をつくり出している。

 この上海の2つのハイアットに関して言えば、個人的にはグランド・ハイアットに軍配を上げる。僕が上層階級ではないのでこう思うのだろうが、やはり海外での高級ホテルには落ち着いた過ごし易さより非日常の何かを求めてしまう。

 グランド・ハイアット上海の圧倒的な吹抜け空間、部屋の床から天井までのガラス開口、浴室から見下ろす景色などに単純に感動してしまう。モダン・チャイニーズの家具も悪くない。

 パーク・ハイアット上海はアプローチからずっとおしゃれで上質な雰囲気を保ち続けている。ここが中国だということ、超高層ビルの中だということを忘れてしまうようなとてもニュートラルな雰囲気だ。ニューヨークか東京の穴場にいるような心地がする。ところどころに置かれた絵画や彫刻も素晴らしい。僕も見たことがあるので、かなり有名な芸術家の作品なのだろう。全てセンスよくまとめられているのだが、何か物足りない。普段から高級さやおしゃれスポットを自然に採り入れた生活をしているような人にとってはこちらの方が良いのかもしれない。

Dscn1026 Dscn1019 Dscn0997 Dscn0994

« 2008年8月 | トップページ | 2009年1月 »