« 多賀大社 | トップページ | 京都大学創立記念行事音楽会 »

かばんの修理(一澤帆布)

修理に出していたカバンが2ヶ月ぶりに戻ってきた。とてもうれしい。

Img_0151 Img_0152

京都東山にある一澤帆布で5,6年前に買ったカバンの底が擦り切れてきた。気に入っていたので修理をお願いすることにした。実際いくらかかるのか内心ドキドキしていた。お店に行ってカバンを渡すと、ちょっと待たされた後に修理方法を説明してくれた。

「底布を全面はり換えることになり、3000円かかります」「サイドポケットも修繕すると+1000円になります」。安っ、なんて良心的な値段なんだろう!一万円くらいかかるのかと覚悟していたので胸をなで下ろした。その場で職人さんに聞きに行ってくれたようだ。売り場と制作現場が一緒というのは素晴らしい。百貨店などで買うとこうは行かないだろう。

最近は何でも修理するより、新品を買う方が安かったりする。気に入ったものを長く使い続けられるのは素晴らしい。5年後に擦り切れたら、また修理に出そう。

« 多賀大社 | トップページ | 京都大学創立記念行事音楽会 »

京都」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。