2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

文化・芸術

北宋汝窯青磁水仙盆(ほくそうじょようせいじすいせんぼん)

台湾の故宮博物院から来ている北宋汝窯青磁水仙盆を見に大阪中之島の東洋陶磁美術館へ行ってきた。

美術館のチラシによると、「中国北宋時代(960-1127年)に宮廷用の青磁を焼成した汝窯は、〈天青(てんせい)〉とも形容される淡い青色系の典雅な釉色を追求しました。その神々しいまでに美しい色合いと質感、そして端正で上品な造形は、やきものの一つの究極の姿を示しています。」とある。

故宮博物院から4点、東洋陶磁美術館所有のものが1点、計5点の汝窯青磁水仙盆が一堂に会している。いずれもきめ細やかで本当に美しい色と質感。確か上記チラシの言葉通りだ。

清の時代に汝窯青磁を再現させるべく皇帝が景徳鎮でつくらせたと言われる「倣汝窯青磁水仙盆」も同時展示されていた。しかし、明らかに他の5点より劣る。赤ちゃんの肌と大人の肌くらいの違いがある。質感も汝窯青磁と比べると味わいに欠ける。当時の最高技術を駆使したはず。にもかかわらずこの違いは何だろう。

K1b017851

中でも“人類史上最高のやきもの”といううたい文句の「青磁無紋水仙盆」は本当に光っている。ここだけ照明の当て方が違うのではないかと疑ったくらいだ。きめの細やかさに加えて青の魅力が圧倒的。これと比べると他4点は少しくすんでいる。この展示台の前で長時間足が止まっていたのは僕だけではなかった。

光明院 波心庭

連休最終日に東福寺の塔頭のひとつ光明院を訪れた。重森三玲による「波心庭」を見るためだ。苔と白砂に沢山の石が突き刺さる珍しい風景が広がる。写真からは石がごちゃごちゃし過ぎて今一つかもしれないと心配していたが、意外と落ち着く。他の観光客が少なかったせいもあるかもしれない。立体的な苔のうねりが、躍動感があって奥行を感じさせる景色をつくりだす。部屋の中から眺めるとより印象的だ。

三尊石を三ヶ所に配置し、そこから寺号にちなむ光明の線が四方に延びて、その線上にたくさんの石を並べるという構成。白砂は海、苔は州浜を表すという。打ちつける波のしぶきを表現したという苔に小石を点在させた意匠もにくい。ちょうど背後のサツキが咲いて少し華やか。このサツキとツツジの刈込みがよりモダンな印象をつくりだす気がする。

「波心庭」の名は禅語、「無雲生嶺上 有月落波心(雲の嶺上に生ずる無くんば、月の波心に落つる有り)」にちなんでいる。「雲が山の山上に生じなかったら、月の光は常に波に映じて美しいでしょう」 雲は煩悩と、月の光はさとりの光を指しているという。

Img_2166s Img_2170s Img_2177s

建築名:光明院(こうみょういん)

作庭年:1939

所在地:京都市東山区本町15丁目809

志納:300円程度

清水焼団地の陶器市

京都山科の清水焼団地の陶器市「清水焼の郷まつり」へ行ってきた。目の保養にもなり、なかなか満足な午後を過ごした。

Img_0197

この陶器市は、焼物に関する約60業者が軒を連ねる清水焼団地で毎年開催されており、今年で第38回。http://www.kiyomizuyaki.or.jp/去年から「清水焼の郷まつり」と名前を新たにしたよう。

二周くらいまわって、最終的に小皿と中皿を2枚ずつ、合計4枚購入した。小皿は山岡善昇さんという伝統工芸士の方がつくったもので、家紋を描いたシリーズと花を描いたシリーズを一枚ずつ購入した。4枚くらいほしいところだが、ちょっと我慢。2枚で2,500円だった。山岡さんの経歴には、京焼・清水焼伝統工芸士会副会長とあるので、かなり偉い人なのだろう。それにしては安かった。清水焼は、正式には京焼・清水焼と呼ぶらしい。

Img_0213 Img_0212
中皿の方は、廣田朱里さんという比較的若い女性の陶芸家がつくったもの。薄紅の上品な花柄が気に入って、対になりそうな青い中皿と合わせて2枚購入した。1枚あたり1200円。作家の方がお店におらず、どんな人がつくったのか見られなかったのがちょっと残念。

始めからお皿を探していたのだが、どちらかというと茶碗や湯飲みに良い品が多かった気がする。心魅かれた繊細で美しい柄のものが他にも多数あったが、桁が1つか2つ違い、手が出ない。

どうやら、有名でない作家物で僕らの感覚に響くものを探すのが良いようだ。

五条坂 陶器まつり

毎年8月7日~10日に京都の五条坂にて陶器まつりが開催される。もともとは大正初期に六道まいりの人々に二級品を売り出したのが始まり。約400店の出店があり、たぶん市価の半値くらいで購入することができる。http://www.toukimaturi.gr.jp/index.html

Toki01

ここ三年毎年足を運んでいる。南側の通りは個人の作家さん自身が出すお店が多い。つくっている人の顔と作品を見比べるという別の楽しみ方もある。不思議と並べられた作品が作家さんの顔に似ているのだ。今年は中くらいの大きさのお椀を1つ購入した。

Toki03

京都生まれで滋賀に工房を持つ河合正光さんという陶芸家の白磁。白磁とは白い素地(磁土)に透明の釉薬をかけ、高温で焼き上げたもの。実は毎年河合正光さんの磁器を少しずつ買っている。繊細だが、自然で美しいフォルムに魅かれる。また、手に持ったときも軽くて心地よい。

岸田劉生展《道路と土手と塀(切通之写生)》

「道路と土手と塀(切通之写生)」を見るために岸田劉生展(大阪市立美術館2011.9.17-11.23)を見に出かけた。

Photo Photo_2

非常に沢山の作品が展示されており、特に自画像の多さに驚く。色々試していたのだろう。岸田劉生は大正、昭和初期に活躍した日本近代美術史上屈指の洋画家。1929年に38歳の若さで亡くなる。

天才画家とも称されるが、ほとんどの絵はこれといって印象に残らなかった。ただ、着物の表現には圧倒される。そんな中、重要文化材である「麗子像」と「道路と土手と塀(切通之写生)」以外にも気になる光った絵を見つけた。

「古谷君の肖像(草持てる男の肖像)」

「林檎三個」

「麗子坐像」

「近藤医学博士之像」

  Photo_3 2 Photo_4 Photo_5

「道路と土手と塀(切通之写生)」・・・どっしり安定しているようでいて不安定、じっと眺めていると目が回る。自然に見えて不自然、なぜだか魅力的な構図。土や草の感じ、電柱の影といったディテールにも引き込まれる。

「麗子像」・・・想像より表情がとてもおだやかでやさしいが、個人的には物足りない。手が異常に小さい、意図的なのか、それとも彼には上半身が大きく見えていたのか。肩掛の表現は素晴らしい。

「古谷君の肖像(草持てる男の肖像)」・・・理由は分からないが何となく魅かれる。

「林檎三個」・・・絵というかデザイン的に美しい。

「麗子坐像」・・・有名な「麗子像」より、べとべとした感じが岸田劉生らしい気がする。こちらも着物の表現が素晴らしい。

「近藤医学博士之像」・・・見ているとニヤけてくるなんだか可笑しみのある肖像画。

また、関東大震災の後、半壊した家の前で記念写真をとるなんて粋な人だ。

Photo_7











その他のカテゴリー