2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

建築

銀閣寺

 銀閣寺は臨済宗相国寺派に属する禅寺で、正しくは東山慈照寺という。室町幕府八代将軍足利義政が、隠栖生活を過ごすために1482年から山荘東山殿の造営を始めた。1490年の義政の没後、禅寺に改められた。

 観音殿(銀閣)と東求堂の二棟のみ当時の姿を今に伝える。ひときわ印象に残る白砂の銀沙灘と向月台も江戸後期以降に今の形となった。月に一度数人の庭師で数時間かけて作り直しているそうだ。あいにく曇りだったが、天気の良い日には白川砂が太陽や月の明かりに反射してきらきら光る。月夜を想像してみる、なんと風流で幻想的な風景だろう。メインの観音殿は、一層は書院風、二層は唐様仏殿風の楼閣建築。東から池を手前に眺めると確かに美しいが、方丈側から眺めると不安定に感じる。一層の南東部が吹き放しとなっているせいだ。方丈も江戸中期の建造なので、こちら側から観音殿を眺めることは、あまり想定されていなかったのかもしれない。

 Img_6096s_2

 東求堂は6.9m四方の入母屋造り檜皮葺の持仏堂。書院造の現存最古の遺構とされる。今回の特別拝観で初めて中に入る。内部は田の字型プランで4室から構成される。南にメインの仏間、その東側に長四畳、その北に四畳半の同仁斎、北西に六畳間。東求堂と言えば同仁斎が有名だが、仏間も実にいい。大きな4枚の床材も500年以上の時を経ている。天井は折上小組格天井で、白い天井と組子とのコントラストが鮮やかで繊細な美しさが際立つ。

 

床は畳が敷き詰められ、北側に付書院と違い棚を設えた同仁斎は、草庵茶室、四畳半間取りの始まりといわれている。床の間、違い棚、付書院の三点セットよりもこのように付書院と違い棚だけの方がすっきりして個人的には好みだ。付書院から北側採光なので均質に光が入り、障子を開けると庭の景色が一幅の掛け軸のようにも見える。

Img_61092 Img_6093s_2

 

 実は銀閣寺の一番好きなところは、庭の美しい苔。さすが、義政公が苔寺(西芳寺)に倣ったと言われるだけのことはある。

  Img_6110s

建築名:銀閣寺

竣工年:1490

所在地:京都市左京区銀閣寺2

拝観料:500円、特別拝観別途1000

 

上海輝文生物竣工式

8月26日に上海輝文生物さんの新工場竣工式に参列してきました。駱社長の人柄のおかげで、地元の人はもちろん、日本からも多くの人がお祝いに駆けつけ、とても盛り上がりました。私は事務所と宿舎の内装設計をやらせて頂いています。「設計突出貢献賞」なんてものまで頂き式典で表彰されてちょっと気恥ずかしかったですが、喜んで頂きとてもうれしいです。

01 02 03

ありがたいことに二期工事の建築設計もやらせて頂く予定です。式典会場に我々が提案した二期工事にCGも垂幕に印刷してありました。これから二期の設計頑張ります!

04


圓徳院

圓徳院、京都高台寺の塔頭寺院の一つ。豊臣秀吉の妻北政所が余生を過ごした「ねね終焉の地」として知られる。1605年、伏見城の化粧御殿とその前庭を移築したことに始まる。

長屋門をくぐると「圓徳」の扁額の掛かった唐門が現れ、奥にアプローチ空間が続く。

Img_4380

方丈へ上がると簡素で気持ちの良い南庭が広がる。書院へとつながる渡り廊下からはねねの小道を見下ろす。屋根と屋根の間の細い路地空間、中国江南地方の水郷の街でも見たようなとても好きな景色。

Img_4384 Img_4388 Xitang53

渡り廊下を抜けると目当ての北庭と書院へとたどり着く。東と北が開け放たれたとても心地よい場所。残念ながら化粧御殿は消失したが、北庭は伏見城から移築した当時の原型を留めている。石組の名手賢庭作で小堀遠州が手を加えたとされる。白砂の奥に無数の石組が構成され、そこに新緑のきらきらとした楓の枝葉が覆いかぶさる。石の多さもそうだが、全体構成もあまり見たことがない庭園。どうやら池泉回遊式なのに水が無い枯山水になっているので不思議な感じがしたようだ。もともと伏見城では水が張られていたそうだ。良いなーと感じる庭園はどれも奥行感がある。この庭も然り。室内奥から眺めると特に美しい。
Img_4395 Img_4396

建築名:圓徳院

竣工年:1605

所在地:京都市東山区高台寺下河原町530

拝観料:500

Googlemap


浄土時浄土堂

目的地に近づくと、普通の町中の小高い丘の上に鎮座する浄土堂がさらっと現れる。山の中や周囲を樹木で覆われる境内を勝手にイメージしていたので不思議な景色に映った。

浄土寺浄土堂は鎌倉時代初期に重源(ちょうげん)上人により建てられた。宋代の技術を取り入れた大仏様(天竺様)と呼ばれる工法でつくられている。現存する大仏様建築としては、他に奈良東大寺の南大門があるのみ。

浄土堂は三間×三間の正方形平面をした、単層宝形屋根を持つ極めてシンプルな建物。屋根の反りもほとんどなく、軒先には鼻隠し板が付く。シンプルすぎて物足りない外観。貧相にさえ見える。特に遠くから眺めると今一つに感じる。日本人の美意識に合わず、普及しなかったのかもしれない。各立面に柱が4本しか現れず、しかもスパンが大きく飛んでいるということも外観の寂しさを助長する。実はこの大きなスパンが浄土寺浄土堂の最大の特徴と言える。一間が6m、これは一般的な寺院建築の約二倍。建物の中に入るとよりその特徴を感じることができる。

Img_2982s Img_2973s

大きい。こんなに広々として明るいお堂は経験したことがない。とても現代建築に近い空間だ。これだけの大空間に四天柱と呼ばれる柱が4本あるのみ。4本の柱はさすがに太い。この四天柱の存在感が内部空間を支配する。天井を張っていないので柱は屋根まで一直線に伸びる。四天柱の内側には、快慶作の高さ5.3mの阿弥陀三尊立像が安置されており、外側へは、三方へ三段、つまり一本の柱から九本もの虹梁(こうりょう)と呼ばれる梁が伸びる。力強いダイナミックな空間だ。しかも各材が朱色に塗られているため、より印象も強い。この朱色が内部空間の演出をより強烈にする。

西側一面は格子蔀戸となっており、夏至の頃の夕方に内部空間いっぱいに夕日が射し込む光景がよく知られている。夕日を背に浮かび上がる阿弥陀三尊様の来迎の姿は誰もが息を飲むという。残念ながら時期が合わず、そのお姿を拝むことはできなかった。しかし、床面に大きく射し込む格子模様の夕陽とその反射光が柱や梁や組物、そして阿弥陀三尊像を照らして美しい影とのコントラストをつくりだす光景を目にすることができた。

建築名:浄土寺浄土堂

竣工年:1197

所在地:兵庫県小野市浄谷町2094

拝観料:500

旧閑谷学校

相生の現場のついでに足を延ばして旧閑谷学校を見に行ってきた。平日昼間から大勢の人々が訪れており、一大観光地になっていることにちょっと驚く。

旧閑谷学校は岡山藩主池田光政の命を受け、津田永忠により1670年に創立された庶民教育のための学校。1701年に国宝の講堂をはじめとする建築物の全容が完成された。

地を這う蛇のように延々と続く石塀が独特の景色を形づくる。かまぼこ型の珍しい形をした魅力的な塀で、切り込みはぎ式と呼ばれる精巧な石組み。この765mにも及ぶ塀が内側の時を止めているのではないかという錯覚に陥る。

Img_2905s Img_2898s

備前焼瓦で葺かれた立派な屋根が印象的な講堂が堂々とした姿を見せる。まばらなオレンジ色の瓦が陽の光を受けて美しく輝く。このまばらなのがいい。塀も同じく自然石なのでまばらな色合いが実にいい。かつて四書五経などの講義が行われていたという講堂に入ると、拭き漆の床がピカピカに光っている。10本の丸柱と火灯窓の明かりが床にくっきり映り込む。なんだか背筋の伸びる空間だ。

Img_2954s Img_2934s Img_2907s

建築名:旧閑谷学校

竣工年:1701

所在地:岡山県備前市閑谷784

入場料:400

ながいきおまめ 一年点検

去年竣工したお惣菜屋さん「ながいきおまめ」の一年点検を施工者の西洋建設さんと行ってきました。

全体を一通り目視検査した結果、外部足元鉄部に少し錆びが発生していることと天井クロスに一部汚れが見られることが気になりました。錆部のケレン&塗装タッチアップ、天井クロスの洗いを試してもらうことになりました。

その他建具等の機能確認を行いましたが、特に問題は無いようです。

お施主さんからは厨房に棚設置の依頼があり、現場で大きさを決め、まず西洋建設さんに見積をお願いしました。また、部分的に熱気が溜まる部分がありとのことなので、後日お店が休みのときに排気口を追加可能かどうかの検討をすることになりました。

今夜のおかずを少し購入して、お店の一周年チラシを頂いて一年点検終了!お店の方も順調なようでとても嬉しい。

今度ドラマのロケに使われるそうです。放映が楽しみです。

町家改修工事その7

町家改修工事、工期が短く大変でしたが、無事に引き渡すことができました。工務店さんや職人さんたちのおかげで予想以上に良い家になったと思います。

Img_1797s Img_1796s

キッチンはサンワカンパニーのPLAIN-K MEDIUMです。手持ち電磁調理器を使用するためにコンロなし加工としています。 レンジフードもサンワカンパニーのミニマル6040です。

Dsc_0069s

既存の建具を利用してキッチン後ろに大きな収納をつくりました。

Dsc_0065s

ペンダント照明は、ルイス・ポールセンのPH4/3です。

Img_1795s

写真でうまく写せませんが、小さいながらも中庭もいい感じになりました。

Dsc_0073s_2

家族みんなで楽しく住んで頂ければと思います。

上海プロジェクト第一期工事現場その2

上海出張一日目の会議に引き続き、二日目の1月31日には第一期の工事現場を訪れました。主要な2棟の生産施設を建設中です。躯体が完成し、現在屋根工事を行っています。

Img_1663s

やはりコンクリートのままの躯体姿は美しい。

Img_1652s Img_1658s

屋根に上るとシュールな景色に出会いました。広大な屋根下地から高層マンションが生えているようです。クレーンと黄色い断熱材もなんだか不思議な雰囲気を演出しています。

Img_1706s


町家改修工事その6

竣工を前に現場も佳境を迎えています。大工さん、電気屋さん、塗装屋さん、クロス屋さんがラストスパートで頑張ってくれています。写真は収納を作っているところです。できあがりが楽しみです。

Img_1741s

上海プロジェクトkick-off会議

1月30日にオザワデザインさん http://www.ozawadesign.com/ と共同設計している上海プロジェクトのキックオフミーティングが開かれました。関係各社総勢30人くらい集まっていたと思います。化粧品工場の増築計画で広大な敷地に生産・物流・研究開発の拠点を設けるという大規模プロジェクトです。まず、私と尾沢さんから計画説明を行いました。途中クライアント企業の董事長が計画コンセプトについて補足説明というか、熱く語り始めました。続いて、プランや仕上等について具体的な設計打合せを順次行っていきました。クライアント各担当者、カーテンウォール等外装設計者やランドスケープアーキテクトと交流をはかることができ有意義でした。昼食を挟んで朝から夕方までの長丁場の会議となりました。

丸一日の会議は疲れましたが、クライアントのプロジェクトに対する熱い思いと僕らへの信頼を感じることができ、少しジーンときました。改めてやる気が湧いてきます。

一つだけ残念だったことは、内装設計者が既に確定していたことです。しかも彼らは我々と交流せず、クライアントと打合せを澄ますと会議の途中で帰ってしまいました。中国では建築と内装の設計を別々に考えるのが一般的なのでよくあることです。ただ、建築と内装は一体的にデザインするべきと考える我々にはショックでした。

もう一つ、地元設計院がちょっと頼りないことも心配です。

とにかく僕らにできることをやるしかないのですが。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー